来店予約

メニュー

補聴器の耐用年数とは?

 

補聴器を購入したからには「長く使いたい」

補聴器は何年くらい使えるの?

そのようなご質問を頂きます。

補聴器は決して安くはありませんし、出来れば長く使いたいですよね。

しかし、身体に身に着けるものですし、精密機械・医療機器ですから、永久に使えるものではありません。

一般的に、補聴器の耐用年数は【5年】と言われています。

この5年というものは、厚生労働省が定めた総合支援法に記載されている、補装具としての耐用年数に基づいております。

また、補聴器は医療機器ですので、添付文書というものが付いています。

医療機器が適正な使用環境と点検、修理等の維持管理の下に、適正な取扱いで本来の用途に使用された場合、本来の機能及び性能を維持し、使用することができる標準的な使用期間を記載しています。

この赤枠のところに記載があります。

冷蔵庫やテレビのように、置きっぱなしではなく、ヒトの身体に身に着けるもので、湿気や耳垢の影響を受けるために決められています。

生活環境、耳垢の状態、汗などによって、もっと痛み具合が早い場合もあるかもしれません。

お耳のにおいが補聴器について取れなくなることもあります。

本来の性能を継続的に維持するため、長くお使いいただくためにもご使用後はよくお手入れすることをおすすめします。

身体から受けた湿気を取るためにも、補聴器の乾燥剤の定期的なチェックもおすすめいたします。

当店では、ご購入のお客様へのサポートとして、3カ月に1度の定期予約で、メンテナンスを行っています。

補聴器が、適正な出力なのか特性器というものを使用し、チェックを行います。

 

補聴器専門店だからこそ、設置している機械です。

 

お客様が、ご自宅で行えるメンテナンスとして、このようなツールもございます。

安心・安全・清潔にお使い頂くためにも、使用期間と耐用年数を考慮し、ご相談頂ければ幸いです。

ぜひ、身体の一部となる補聴器のこと、お任せください。

 

Share on facebook
Share on twitter