来店予約

メニュー

高血圧と難聴

米国疾病予防管理センターによると、米国では約7000万人の成人が高血圧または高血圧症を患っています。

アメリカの成人の三分の一に相当します。高血圧のアメリカ人の約半数だけが自分の状態をコントロールしているようです。

また、成人の3人に1人は、高血圧と見なされるレベルまではいかないものの、標準を上回る血圧上昇の結果を抱えて生活しています。

これは前高血圧症と呼ばれ、多くに健康上の問題とリスクにつながることは、良く知られています。

しかし、ほとんどの人は、発見された高血圧の別の影響の中でも、難聴というものに気付いていないようです。

難聴はさまざまな要因によって引き起こされる可能性がありますが、高血圧も難聴に寄与する病気である可能性があることが明らかになりました。

2013年の研究では、高血圧と難聴の潜在的な関連性が評価されました。

その研究では、45歳から64歳までの合計274人を評価しました。

グラント医科大学およびJ.J.病院の耳鼻咽喉科および頭頸部外科の医師であるMohan Jagade博士とそのチームは、血圧上昇を示す被験者において、難聴の存在が有意に増加することを発見しました。

この研究チームは、

 

『高血圧症は、人々が加齢するにつれて

聴覚系および聴覚の変性の加速因子である』

 

と推測しました。

 

また、高血圧と最初の脳卒中の発生率との間には高い相関関係があります。

CDCは、最初の脳卒中を患う10人のうち約8人が高血圧も持っていると報告しています。

2008年、米国心臓協会は、突然の感音難聴と脳卒中との関連に関する大規模なグループ研究の要約を発表しました。研究者らは、両者の間に決定的かつ明確な相関関係があることを発見しました。

この 2 つを結びつける正確な詳細はまだ検討中ですが、警告フラグはすでに存在します。

重度の難聴を患っていた研究内のグループは、

 

『突然の難聴の発生から2年以内に脳卒中を経験する可能性が150%以上高かった。内耳の小さな毛細血管への血流の潜在的な障害は、永久的で壊滅的な難聴を引き起こす可能性があり、高血圧の存在は内耳の繊細な構造への血流に影響を与える』

 

と理論化されています。

 

難聴の増加に伴い、個人はしばしば聴覚の剥奪に苦しんでいる間に孤立感、孤独感、うつ病の感情をより多く経験することがよくあります。

この状態は、発話理解能力の低下や、聞こえのケアを放置すると認知症のリスクがさらに高くなる可能性があります。

したがって、高血圧などの難聴の危険因子がある場合は、早期難聴を検出するために、耳鼻科にて、毎年ご自身の聴力や聞こえの状態を徹底的にチェックすることを強くお勧めします。

参照記事:高血圧と難聴|サウンドポイント聴覚と聴覚 (soundpointburnsville.com)

Share on facebook
Share on twitter