来店予約

メニュー

難聴を早くケアした方がいい7つの理由

難聴は一般的に緩やかで、多くの場合、時間の経過とともに、その生活に適応して、何ヶ月も何年もそれに気付かないかもしれません。

しかし、年齢に関する難聴は高齢者に影響を与える最も一般的な条件の1つであるため、いわゆる、「耳が遠くなること」は珍しいことではありません。

アメリカでは65歳から74歳までの約3人に1人が難聴で、75歳以上の3分の2以上が難聴と研究データから発表されています。

ですので、日本でも同じ状況と言えると思います。

少しでもきこえにくいと感じたら、まずは、耳鼻科を受診して、聴力検査を受け、必要に応じて補聴器をご検討ください。

補聴器大国、アメリカで早くケアした方がいい7つの理由をご紹介します。

 

 

難聴をできるだけ早くケアするトップの理由

 

1.全体的な健康と安全。 

難聴と認知機能の低下脳組織の喪失、うつ病、および転倒のリスクの増加との間には関係があります。

治療を早く求めるほど、脳内の聴覚経路に不可逆的な損傷が発生する可能性は低くなります。

使用するか、失うか。

聴力を失うと、聴力の原因となる神経と脳の部分は、音の欠如のために萎縮または衰弱を経験します。

これにより、補聴器に慣れるのが、はるかに困難になります。

 

倦怠感。

未治療の難聴と一緒に暮らすということは、私たちが毎日聞くことに緊張していることを意味します。

一日の終わりまでに、精神的に疲れていると感じるようになります。

 

4.関係。 

未治療の難聴は、友人や家族との関係にも影響を及ぼします。未治療の難聴と効果的にコミュニケーションをとることは難しい場合があります。愛する人は自分が無視されていると感じるかもしれませんが、同時に難聴の人は友人が「つぶやく」または「話すのが速すぎる」ことに不満を感じるかもしれません。難聴の治療は、私たちがより注意深く社交的になることを可能にすることにより、人間関係を改善することができます。

 

5.あなたの仕事への影響。 

未治療の難聴は、年間3万ドルもの収入を減少させる可能性があります。

難聴を放置した人と比較すると、対応した人は、約25%の収入アップに繋がったと調査されています。

 

6.「新しい」音。 

補聴器を使用すると、子供たちが笑ったり、鳥の鳴き声など、多くの人が何年も聞いたことのない音を聞くことができます。これらの新しい音に触れ合えるので、もっと楽しく、多くの歓びを感じるでしょう。

 

7.あなたは早く補聴器のある生活に慣れるでしょう!

 補聴器への順応には最大4ヶ月かかります

あなたが始めるのが早ければ早いほど、補聴器のある生活はあなたのいつもの日常の一部になるでしょう。

参照:Seven reasons why you should treat your hearing loss early. (starkey.com)

 

Share on facebook
Share on twitter