0 カート
カートに追加されました
    カートに 商品入っています
    カートに 1 商品入っています
    合計
    チェックアウト ショッピングを続ける

    スターキーきこえの財団 世界規模のチャリティー活動

    1973年にスターキー・ヒアリング・テクノロジーズ社の創業者ウィリアムF.オースティン(スターキー創業者兼CEO)は、耳の不自由な恵まれない人びと、とくに子どもたちに援助の手を差し伸べるために、「スターキーきこえの財団」を設立いたしました。

    本財団は、スターキー製補聴器の販売による収益の一部や寄付金を資金源としています。米国の各界著名人や「きこえ」の専門家も数多くボランティアに参加をいただき、彼らの協力のもと毎年2万台以上の補聴器を寄贈しています。「きこえ」を求める世界中の人びとの数にはまだまだ至りませんが、ひとりでも多くの“可能性”が未来につながるよう、引きつづき精力的に活動してまいります。

    スターキーきこえの財団について

     

    スターキーきこえの財団の理念

    「子どもたちに援助の手を差し伸べることはとても重要なことです。なぜなら地球の将来を担うのはその子どもたちなのですから。もし、仮に何の援助も差し伸べず、無視を決め込むのであれば、私たちの将来はとても明るいとは言いがたいものになるでしょう。

    私たちが寄贈した補聴器できこえを取り戻した子どもたちにとって、私たちはいつまでも記憶の中に生き続ける存在になるのです。これは誰にでもできるというわけではない非常に特別なことなのです。私たちがきこえを提供する報酬として子どもたちは喜びそして笑顔を与えてくれます。人の助けになる、人の役に立つ仕事に従事できるということはとても幸せなことであり、人生のあり方そのものであるといえます。

    人に与え、そしてその恩恵を享受する―  私たちはそんなヒューマニティーあふれる未来に向かって生きているのです。」

    ウィリアム・F・オースティン

    (スターキー創業者兼CEO)

     

    補聴器が寄付できることご存知ですか?

    「スターキーきこえの財団」では、今年も2万台以上の補聴器の寄贈を計画しております。「聞こえない」ということで彼らの可能性を潰してはいけません。池田補聴器では「スターキーきこえの財団」と通じて、毎年200台〜300台の補聴器の寄贈しています。

    寄贈された補聴器は「スターキーきこえの財団」を通じて再生され、世界中の子供たちに送られます。子供たちの未来や笑顔の為に、ぜひご協力をお願いできれば幸いです。

    ※ご協力いただいた方には「きこえの財団」よりお礼状と記念品が贈られます。