0 カート
カートに追加されました
    カートに 商品入っています
    カートに 1 商品入っています
    合計
    チェックアウト ショッピングを続ける

    「きこえ」の測定について

      補聴器が初めての場合、ただ単に『補聴器を付ければ良くなる』と考えてしまいますが、まず補聴器専門店にご相談ください。また、耳鼻科に受診された事がない方は受診されることをお勧めします。

      何らかの原因による機能低下や病気など、「きこえ」が悪くなる原因はさまざまです。まずはご本人の難聴の原因や、現在の聴力がどの程度かを知る必要があります。

      難聴の程度は、音の大きさだけで測れるものではありませんし、おひとりおひとり聴こえ方はさまざまです。そして音の大きさを聞く機能と言葉を判断する機能は違いますので、各周波数(高い音や低い音)「それぞれの音色のきこえ方」や言葉の理解力を測定する「言葉の明瞭度」を測定する(聴力測定)ことで、はじめて『最適な補聴器』を選定でき、補聴器を使用する場合の、お手伝いをすることができます。

      また、補聴器専門店耳鼻科を訪れるときには、ご家族やご友人に同行していただいた方がよいでしょう。ご本人の「きこえ」がよくない場合、弊社では極力注意をしていますが、話をきき間違えたりすることがありますし、親しい人に付き添ってもらうことで補聴器についてのご質問やご理解をいただくことができると思います。

       補聴器選び

      補聴器は日常生活の質の改善を目的としています。
      補聴器はおひとりおひとりの聴こえ方に合わせることが必要です。
      そのためにご来店時には、どのような時にお困りか、病歴、通院の有無などを教えていただき、測定結果によるきこえの状態、各種補聴器のご説明をいたします。そして好みの形状や機種、ご予算などを考慮しながら使用する環境に合わせて補聴器を選択しますが、実際に調整を行い「補聴器からの音」を聴くこともできます。

      補聴器の効果に対する目標はご使用になる方の目的(主訴)によって設定しますので 、さらに補聴効果を確認していただき操作や手入れの方法、その後のきこえや補聴器のケアを含めたこれら全体が重要となります。

      補聴器はあまり知られていませんが、さまざまな機能、価格帯、デザイン、特徴、また各機種や形状による『利点と欠点』がありますので、よく説明を聞いてから決めると良いでしょう。