12/14(土)スターキー補聴器LivioAIアンバサダー千葉真一氏トークショー&補聴器体験会開催いたします!詳しくはコチラ
0 カート
カートに追加されました
    カートに 商品入っています
    カートに 1 商品入っています
    合計
    チェックアウト ショッピングを続ける

    補聴器情報

    自分にあった補聴器をみつける

    補聴器についてあなたが知りたいことは?

    補聴器ってどんなもの?
    もっとも簡潔に言えば補聴器は、マイク、アンプ、スピーカー(レシーバー)、バッテリー(電源・電池)の4つの基本構造から成り立つ小型のPAシステムのようなものです。詳細はこちらをご覧ください。

     

    わたしにはどんな種類の補聴器があうのかな?
    現代の補聴器は、耳の後ろに収まるものから、外耳道に完全に収まる目に見えないものまで、さまざまなサイズとスタイルがあります。 以下は、補聴器の種類の一覧になります。各項目をクリックして詳細を確認してください。

     補聴器の性能って?

    補聴器は、多くのハイテク機器(テレビ、電話、コンピュータ)と同様に、過去10年間、特に過去数年間に大きな技術革新を経験しました。 今日の聴覚テクノロジーは、ハウリングを実質的に排除し、騒々しい環境で簡単で快適に聞き取り、テレビやラジオのステレオサウンドを補聴器に直接流すことができ、ハンズフリーで話すことができます。現在、補聴器はより小さく(場合によっては見えません)、より快適でパワーもあります。

    詳細はHear better. Live better.ブログでもご紹介しています。

     

    補聴器装用のメリット
    聴覚障害を持つ人とその人間関係に関する研究では、補聴器を装用することが、社会的、感情的、心理的、身体的な幸福につながる重要な要因になることが示されています。

    具体的に、難聴には対処することができると示されているのです: 

    • コミュニケーションの向上
    • 家族関係における親密度の向上
    • コミュニケーションを容易に
    • 収入力の向上
    • 人生をコントロールできる感覚の向上
    • 社会活動への参加
    • 感情の安定

     補聴器の価格
    価格は、モデルや機能、さまざまな騒音環境でどの程度効果を期待するかによって異なります。 最終的なコストがどれくらいであっても、補聴器購入についてほとんどの取扱専門店で、試聴期間を設けています。公的な補助が受けられるかどうかを含め、割引などが受けられるかなどを確認して購入するようにしましょう。

     補聴器フィッティング(調整)について
    ほとんどの人は、補聴器に慣れていただくためには、最大4か月ほどの調整期間が必要です。この試用期間中に明らかなメリットに気づくでしょう。さらに取扱店の聴覚専門のスタッフがあなたを助けてくれることを覚えておいてください。あなたの難聴や補聴器に関する疑問を解決するためには、取扱店のスタッフの方との関係性が非常に重要です。コミュニケーションをとるために電話をしたり、訪問したりするのをためらわないでください。 安心して補聴器をご使用いただくために、現実的な実践を忍耐強くしていただく必要がございます。 Q&Aの続きを読む...

     

    補聴器選びをサポート

    補聴器ファインダー(以下の画像をクリック)

     ほんの少しの質問に答えるだけで見つかる、あなたにぴったりの補聴器

    あなたにぴったりの補聴器を見つける補聴器ファインダー

    補聴器の使用方法・メンテナンス

    補聴器とのお付き合い

    補聴器装用の練習方法

     

    補聴器をつけて聞こえる様になるには、練習が必要です。 焦らずじっくりと始めましょう。

     


    ●短時間から長時間へ
    せっかく買ったのだからと初めから長い時間使うと、疲れてしまうこともあります。
    少しずつ耳に、身体に慣らしていく事」が大切です。

     


    ●小さい音から大きな音/静かな場所から賑やかな所
    しばらくの間は音量も小さめにしておいた方が良い場合があります。お店での最初の補聴器調整時に専門家から話があったかもしれません。一気に大きな音が耳に入ると、疲れてしまうことがあります。

     

    最初は30分~1時間位からスタートしても問題ありません。

    補聴器装用練習ステップ1

     

     

    ①まずは静かな居間などで会話
    やや小さめの音量に調節して静かな場所で人の声や自分の声の聞こえ方に慣れましょう。
     

    補聴器装用ステップ2

     

    ②テレビやラジオのニュース
    テレビやラジオの音量が今までより小さなボリュームで聞こえるか、試してみましょう。
    基準となるのはNHKなどのニュース番組です。
     

    補聴器装用ステップ3

     

     

    ③食事

    食器のぶつかる音食べ物を噛む音が気にならないか聞いてみましょう。
     

    補聴器装用ステップ4

     

     

    ④複数人での会話
    数人との会話の中で人の声がうまく聞き取れるか試してみましょう。
     

    補聴器に慣れてきたら、外へ出てみましょう

    補聴器装用ステップ5

     
    ⑤公園などの屋外
    いろいろな音のする屋外での聞こえ方を試してみましょう。
     

    補聴器装用ステップ6

     
    ⑥近所をお散歩
    車の音エアコンの室外機や屋外でのさまざまな音の中で会話をしてみましょう。
     

    補聴器装用ステップ7

     
    ⑦お買い物・ショッピング
    音楽・アナウンスの声・大勢の人、その中で音を聞いたり、会話をしてみましょう。
     

    補聴器装用ステップ8

     

    ⑧会議や会合・ミーティング

    大勢の人が集まる中で、相手の声が聞きとれるか試してみましょう。
     

    様々な日常生活の中で、積極的に補聴器を使いましょう

    補聴器装用ステップ9

     
    ⑨車や電車
    車や電車の中で、会話をしてみましょう。
    トンネルなどでうるさすぎないか、確認してみましょう。
     

    補聴器装用ステップ10

     
    ⑩芝居観劇や講演、映画館
    大きなホールや映画館など日常生活の中で、積極的に補聴器を使いましょう。
     
     
     

    家族円満

     

    補聴器に慣れる早さは人それぞれに違います。
    あせらず、じっくりと行ないましょう!!

     

    practice_bt

     

     

    メンテナンス方法

     

    補聴器は毎日の生活に欠かせない精密機器です。特に、耳あかなどが補聴器のレシーバ(音の出口)に詰まると不衛生なばかりか、音が出なくなったり、時には故障の原因になる事もあります。
    日常のお手入れは、下記のように行うことをお勧めします。

     

    もし、ご自宅でのメンテナンスが難しいときには、お買い上げになった補聴器販売店や耳鼻科医などにご相談下さい。

     

    ・補聴器についた汚れ、汗、水分などを、乾いたやわらかい布で拭き取ります。
     
    ・耳あかやホコリなどは、付属のブラシでお掃除します。この時、ブラシで払った汚れが補聴器の中に入ってしまわないよう注意します。
     
    ・夜お休みになる前には、補聴器から電池を取り外し、補聴器本体を専用の乾燥ケースに入れて保管して下さい。
     
    ・補聴器には専用の空気電池を使用します。電池の正しい使い方はこちら
     
    ・日頃のお手入れに加え、お買い上げの取扱店で定期的なクリーニングを依頼するのも効果的です。

     

    スターキーのアドバイザー

    「おかしいな…?」と思ったら

    補聴器をご利用中に、「以前に比べてきこえが弱くなった」「音が聞き取りにくい」 「部品が無くなった」など、「おかしいな…?」と思ったら、 お買い上げになった補聴器販売店や耳鼻咽喉科医などにご相談下さい。

     

    補聴器の保管方法(耳あな型)補聴器の保管方法(耳かけ型)

     

    補聴器の電池について

     

    補聴器の電池は、空気電池を使用しています。
    補聴器をお買い求めいただいたところで、電池を購入することをおすすめします。

     

    ご使用の補聴器の電池の種類を確認してください。

    電池の大きさによって、シールの色が異なります。

      

    電池の種類 10A
    (PR536)
    312
    (PR41)
    13
    (PR48)
    675
    (PR44)
    シールの色 黄色 茶色 オレンジ

    販売例

    (スターキーブランドの場合)

    補聴器用電池

     

     

    ⚫️補聴器電池に関するTips

     

    ・電池使用の注意点

    補聴器用電池のシール

    ご使用になるまで、シールははがさないでください。
    シールをはがした時点から、電池の消耗が始まります。
    シールをはがして30秒~1分後にご使用ください。

    (シールを外してからすぐセットし電源を入れても電源が入らない場合があります)

     

     

    ・電池残量の確認には電池チェッカーが便利

    補聴器電池チェッカー

    電池残量を液晶で確認でき、予備電池ホルダーもあるので携帯に便利です。

    スターキー補聴器取扱販売店でご購入いただくことが可能です。

    (希望小売価格800円(税抜))

     
     

    ・電池を長持ちさせるには

    空気電池は乾燥に弱いため、補聴器を乾燥ケースに入れる際は、必ず電池を外して下さい。

    補聴器用乾燥ケース

    乾燥ケースのふた上面がマグネットになっています。
    電池の平らの方(+極)を下にして置いてください。

     

    ・冬場は電池寿命が短くなります

    石油ストーブやガスストーブ等から発生する二酸化炭素の影響で、電池寿命が短くなります。
    定期的にお部屋の換気を行なって下さい。
    また、電池が冷えていると性能を十分に発揮できません。体温で温めてからご使用ください。

     

    ・電池が濡れてしまったら・・・

    暑い季節には、汗などが補聴器内部に入り、電池が濡れることがあります。
    そのままにしておくと、補聴器の故障につながりますので、乾いた布などで丁寧に拭いて下さい。

     

    ・電池を捨てる時は

    補聴器用電池処分方法

    使用済みの電池は、補聴器販売店にお持ちください。
    安全のため、電池を1個ずつ図のようにセロハンテープで絶縁することが望ましいです。

     

    電池のプラスとマイナスを逆に入れたり、時計やゲーム機用などのボタン電池を使用するなど、誤った使用をすると補聴器の故障につながりますのでご注意ください。

     

    battery_bt

    引用:https://www.starkeyjp.com/improving-your-hearing/maintenance

    補聴器とは

    補聴器とは

    補聴器の種類

    補聴器には、大きく分けて「耳あな型補聴器」「耳かけ型補聴器」「骨伝導型補聴器」「ポケット型補聴器」の4つのタイプがあります。

    補聴器のタイプ  概要

     

    耳あな型

    beans312_450400

    例:CIC312

     

    耳あなに収まるタイプ。耳あなにスッポリ収まる小型のものから、耳の外にまでくるものまで、いくつかのタイプがあります。一般的に大きいものほど大きな音(出力)が出ます。耳あなの形状ときこえの程度にあわせて作製するオーダーメイドタイプが一般的です。

    オススメ耳あな型補聴器へ

     

    耳かけ型

    RIC312_white.png

    例:Muse RIC

     

    耳にかけて使用するタイプ。操作が簡単で扱いやすいのが特長です。現在ではBTERICと呼ばれる二つのタイプが主流です。近年では、音の出る部品部分が本体と離れたRICタイプが人気になっています。

    オススメRIC補聴器へ

     

    骨伝導型

    F228D_450400

     

     

    例:メガネ型F228D

     

    スターキーが扱っている骨伝導型はメガネ型とカチューシャ・ヘッドバンドタイプの二種類になります。メガネ型はツルの部分に補聴器を内蔵させています。メガネと補聴器をひとつで併用できる利点があります。メガネ型は成人、カチューシャ・ヘッドバンドタイプは小児用として一般的に利用されています。

    メガネ型骨導補聴器へ

     

    ポケット型

     


    本体をポケットに入れ、イヤホンとコードをつないで使用します。操作は比較的簡単で、機種によっては高出力が得られますが、コードが邪魔になったり、たまに衣ずれ音が入ることがあります。



    スターキージャパンでは「耳あな型補聴器」「耳かけ型補聴器」「骨伝導型補聴器」の3タイプをご用意しております。スターキー製品のスタイル一覧はこちらよりご覧いただけます。

    カタチから選ぶ

     

    両耳装用をオススメします

    補聴器は左右両方に装用することで、より自然で快適なきこえを実現できます。

    片方の耳を酷使せず快適に、且つ長期間お使いいただくためにも、スターキーでは両耳装用をおすすめしています。

     

    両耳装用のメリット

     

    音の方向や距離がつかみやすいので街なかでも安心です。
    ●騒音や雑音の中でも言葉が聞き取りやすくなります。
    ●左右どちらからでも音や会話が聞き取りやすくなります。
    ●聞こえる範囲が広がり、音の臨場感が増します
    ●耳が疲れにくく、長時間の装用が楽になります。

     

    両耳装用

    今、最先端の補聴器技術とは・・・

    最新の補聴器は従来の補聴器の枠組みでは考えられなかった進歩を遂げています。

    鼓膜直前まで挿入することができ、外から全く見えず、隠れてしまう補聴器オトレンズ

    話題のスマホと連動する補聴器Livio(リビオ)などその可能性も多岐に渡っています。

     

    スターキーのアメリカ本社開発チームも、

    以前までの「聞こえ」の研究では収まらない研究を日夜続けています。

     

    補聴器技術の進歩は日進月歩。

    補聴器をご購入する際にも現代の情報過多社会ではより大切になってくるのが、

    お客様ご自身で適切な情報を入手することです。

     引用:https://www.starkeyjp.com/improving-your-hearing/hearingaid

     

    補聴器が寄付できることをご存知ですか?

    スターキーでは補聴器の回収を行っております。
    回収した補聴器は分解、組立なおされ、海外で補聴器が必要な方々へ届けられます。

    お手元に、使わなくなった・処分に困っている補聴器がございましたら、スターキー補聴器直営店の池田補聴器までお持ちください。

    他メーカー補聴器でも、壊れていても構いません。
    皆さまからの温かいお気持ちをお待ちしております。

    ※箱型(ポケット型)補聴器は税関でモバイルバッテリーと判断され、輸出できませんので、ご了承ください。

    関連URL:https://www.starkeyjp.com/blog/2018/11/starkey-hearing-foundation

    [スターキーきこえの財団]https://www.starkeyjp.com/hearing-foundation-home

     

    スターキージャパンの平成史

    2019年4月1日、新しい元号「令和」が発表されました。

     

    実は、スターキージャパンは1992年に設立した、平成生まれの補聴器メーカーです。

    そこで、今回はスターキージャパンの1992年から2019年までの歴史を簡単に振り返ってみたいと思います。

     

    スターキージャパンの平成史

     

     

    1992年

    米国Starkey Hearing Technologies, Incの日本法人として、横浜市都筑区仲町台に設立 

     

    スターキー 

     

     

     

    1993年

     外耳道奥部に挿入するタイプのティンパネットCIC)を発売。

     

    photo-cic-3

    2003年

    幅広い聴力損失のタイプと範囲に適合したジェネシスシリーズ(アクセントII、シークエル、エンデバー、アリスタ)を発表。

     

    ジェネシス

     

     

     

    2004年

     PDI(Precision Directional Imaging)補聴器テクノロジー搭載機種発売

    (PDIは当時業界でトップの高い指向性レベルを提供し、唯一、真の耳あな型補聴器の指向性システムを可能にしました)

     

    2006年

    デスティニーシリーズとフィッテングソフトインスパイアーOSを同時に発売

     Starkeyデスティニー

     

    2010年

     騒音下でも相手の声がよりクリアに聞こえるボイスiQ機能を搭載したSシリーズiQを発売

     

    Sシリーズ

     

     

     

     

    2011年

    オーダーメイド耳あな型補聴器の小型化を追求した補聴器オトレンズおよびDeepCIC補聴器ビーンズを発売

     

    IIC_anatomy

     

     

    2012年

    周波数情報複製機能スペクトルiQを搭載したXシリーズを発表。

     

    Xシリーズ

     

     

     

     

    2013年

    シーソー式ボリューム/メモリースイッチを装備した3シリーズを発表。

     

    3シリーズ

     

     

    2014年

     MFI(Made for iPhone)補聴器 Haloを発売。

     

    Halo

     

     

     

    2016年

    補聴器業界初のツインコンプレッサー搭載のライフデザイン補聴器Muse(ミューズ)、スマートワイヤレス補聴器Halo2オトレンズ・シナジーを発売(当時の記事はこちら

     

     

     

     

    2017年

    スターキー創業50周年&スターキージャパン設立25周年を迎える。

     

    tl-starkey-50-years-logo

     

     

    6月12日、オフィスを横浜市都筑区仲町台から横浜市港北区新横浜に移転

     

    新横浜オフィス

     

     

     

    2018年

    4月 16 日(月)に、最先端のバー チャルリアリティ、神経科学、聴覚学、そして信号処理技術の成果を結集した新しい補聴器シナジーiQ シリーズを発売

    iQシリーズ

     

     

    2019年

    something coming? (乞うご期待!)

     

    スターキージャパンは、新しい時代、令和でも「Hear better. Live better.(聞こえると人生はもっと楽しい)」補聴器をお届けしてけるよう、社員一同取り組んでまいります!

     

    今後も、どうぞよろしくお願いいたします!

    引用:https://www.starkeyjp.com/blog/2019/04/heisei-starkey